スポーツの楽しみ方について

スポーツの楽しみ方について

短距離走スポーツの筋肉の発達

オリンピック競技では陸上が人気がありますが、日本がなかなかメダルを取ることができない競技として100メートル走があります。近年は速くなった日本人もいますが、なかなかメダルまで手が届かないという現実があります。スポーツで短距離走でも100メートルというのは、わずか数秒で勝負がつく競技なので、その圧倒的な分かりやすい競技に関心のある人が多いのもわかる気がします。大人になると100メートルなどを全力疾走することなどないですが、どれくらい速いかはわかるものです。人間の限界の速さというのはどのくらいなのか追及して見たくなるのが、アスリートになり限界にチャレンジした結果、人々が感動するのです。

短距離走を走る時に筋肉で使われる下半身では、下腿三頭筋があります。これはふくらはぎと呼ばれる部分ですが、腓腹筋とヒラメ筋が合わさって下腿三頭筋を作って、そしてアキレス腱としてカカトまでくっついています。この下腿三頭筋の発達によって、盛り上がったふくらはぎが形成されていますし、そして発達しているからこそ強い筋力によって走ることができます。ただ発達しているよりも、走る為に必要なバネが必要になりますので、とにかく柔軟性を持った筋肉にすることです。
Copyright (C)2018スポーツの楽しみ方について.All rights reserved.